事業領域?仕事紹介イメージ
Works

事業領域?仕事紹介

BUSINESS

事業領域

中林建設の事業

官公庁主体の土木工事(陸上?海上?河川?下水)や建築工事を始め、民間建築工事等幅広く行っています。
最新技術として下水道工事では「管更生事業」、斜面防災事業では「フォレストベンチ工法」といった新工法を採用しています。

01

土木事業

公共土木事業

人の暮らしや、社会の営みを力強く支える礎として。

人々の快適な暮らしを支え、地域社会の活性化と社会基盤の発展に欠かす事ができないのが土木工事です。
私たち中林建設も関西国際空港や大阪ベイエリア再開発などのビッグプロジェクトをはじめ、道路や架橋、公園、上下水道整備などにも幅広く参画。社会発展の基盤となる公共工事に対し、実績に裏付けられた確かな技術力でお応えしています。

02

建築事業

公共?民間建築事業

社会、環境、時代に応える高付加価値建築。

暮らす、集う、働く、学ぶ、語らう、憩う、そして自然と共に生きる。-高度情報化、少子高齢化、地球環境負荷への配慮など、21世紀の建築には構造的な課題以上に社会的、人間的、そして地球的「環境」への対応力が強く求められます。
中林建設はこれら時代が求めるニーズをリアルタイムで多面的に受け止め、詳細に分析する事で、さまざまな要素に適応した高付加価値建築をご提案しています。

また、公共事業で培った技術やノウハウが、民間のマンション、テナント建設にも活かされています。
中林建設は、社会や環境、時代が求めるニーズを受け止めて分析し、住宅施設、商業施設、文化、スポーツ施設、娯楽施設など、さまざまな分野で高付加価値建築をご提案しています。
所有する土地をどのように活用するか、また、それを成功に導けるかどうかは、事業計画の内容に大きく左右されます。 中林建設が考える土地活用は、個々のケースにきめ細かく配慮しながら、これまでの事業で培ってきた総合的なコンサルティング力で、最適の土地活用事業を提案いたします。

03

管更生事業

管更生事業

最新の更生技術で生まれ変わる「地下水脈」

地中から私たちの暮らしを支える下水道管。
中林建設では最新の更生技術を導入し、寿命を迎えた「老朽管」をスピーディーに経済的に若返らせ、ライフ?サイクル?コスト(※)の効率性を高める管路更生事業も積極的に行っています。
※製品が誕生してから廃棄されるまでのトータルなコストの事を指します。

04

斜面防災事業
(フォレストベンチ工法)

斜面防災事業(フォレストベンチ工法)

自然との共生を実現する斜面安定工法

自然との共生は、環境保護が問われる現代における重要なテーマ。「全天候フォレストベンチ工法」は、自然と共生して 斜面を災害から守り、斜面の価値を高める画期的な土木技術です。
傾斜地が多い日本において、これまで危険とされてきた斜面の安全性を高め、水平面を利用してさらに森を育てるという 新しい発想は、斜面に階段状の水平面を設け、アンカーによる引張力を活用。斜面に雨水を休ませ、生命を育む空間を創り出します。自然との共生を実現するこの画期的な土木技術に、ナカバヤシグループは積極的に取り組んでいます。

人と地域を育む企業「中林建設」未来の担い手のあなたのエントリーをお待ちしております。

波多野结衣(中文字幕)在线_西西日本顶级大胆艺木_福彩3d字谜图谜总汇