若手社員アンケートイメージ
Voice

若手社員アンケート

中林建設に入社した
若手社員を対象に、
就職活動中の経験や
実際に働いてみて感じた印象等を聞いて
みました!

QUESTIONNAIRE

若手社員アンケート

大阪に基盤があり、地元である大阪で働けるということ。

会社説明会に参加し、自分がやってみたい仕事なのかを確認すること。

土木事業と建築事業の割合について。
割合に違いがあると、土木が強い、建築が強いなどの偏りがありそうで好まないため、おおよそ割合が半々の会社を見ていた。

休日について。土曜、日曜、祝日やGW、夏期休暇、年末年始休暇、リフレッシュ休暇など。

やりがいや充実感を感じられる仕事なのかどうかということ。

手に職をつけることができる仕事かどうかということ。

インターンシップなどに積極的に参加し、企業を自分の目で見て、実際に体験すること。

自分がどのような会社に入りたいかをしっかり分析すること。
会社の規模、人柄、休み、給料などいろいろある中で、自分にとってどれが重要かを見極めて会社を選べば、入社しても納得できると思うので。

採用選考で印象に残っていることは、とても話しやすい雰囲気の面接だった。
学歴や成績などを重視するのではなく、自分自身を見てくれている印象の採用選考でした。

威圧するように厳しく問うことはなく、和やかな雰囲気の採用選考でした。

長すぎず、短すぎず3日間というちょうど良い期間のインターンシップでした。様々な現場を実際に見学できたのはとても印象に残った。

インターンシップで凍結工法や竹割土留めなど特殊な工法も含めて見学することができ、自分が想像していた工事以外のものが見学できてよかった。
また、ドローンの操作体験は興味深かったので、特に印象に残っています。

インターンシップでは、職員と作業員、また職員間(上司と部下)との距離感が近く、気軽に意見を言い合えると環境なのではと感じたこと。

私は中途採用での選考でしたが、経験よりも働く意欲や人間性を評価してもらった印象です。

面接の際の雰囲気が良く、適度な緊張感をもって望むことができた。

面接時の社員の方の雰囲気を感じて、中林建設の一員として働いてみたいと思えたから。

地域密着型でありながら幅広く活動でき、現場での雰囲気がとてもよく、自分もこの環境の中で、会社や地域に貢献できる仕事をしたいと感じたから。

自分自身も良く印象を抱いていたが、学校の先生にも中林建設を勧めて頂いたことが大きな決め手となりました。

座談会で話した先輩社員の方と一緒に働きたいと思ったことです。
また、採用担当の方も親身になって相談にのって頂いたので、入社後に何かあった時も相談しやすそうと思ったからです。

採用選考で会社を訪れた際、採用担当の方や社内ですれ違った方の対応が温かく、働く方の雰囲気の第一印象で決めました。

現場配属なので、他現場や本社勤務の方と交流する機会が少ないが、顔を会わせた際は気さくに声を掛けて下さり、会社の温かさを感じます。

インターンシップで感じた通り、自身にとって働きやすい環境の中で仕事ができていること。
また、手厚く指導して頂いたり、コミュニケーションを密に取ってくださる先輩のおかげで、少しずつ成長できていると感じていること。
実際に、大学時代の友人に「働き出してから雰囲気が変わったなぁ」と言われます。

講習や勉強会が多く、知らない事を学べる機会が充実しているところ。

早い段階から任せてもらえる仕事が多く、やりがいや責任感を持って仕事をできています。若手社員をすごく大事にしてもらっていると感じる。

やる気があれば、どんどん仕事を任せてくれる社風が自分に合っていると感じています。
また、上司や先輩社員の方もしっかり仕事を教えてくれるので、いい環境だなと思います。

この業界の中でも、しっかり休みが取れているということ。

上司や先輩社員の方との距離がとても近い。会社の方針や方向性がはっきりしていて、よく分かります。

構造物が出来上がっていく過程のスピード感やスケールを身近で感じられること。

現場の職人さんは怖い人が多いと思っていましたが、皆さん優しい方ばっかりです。逆に、職人さん方が分からないことを丁寧に教えてくれます。

毎月勉強会や講習会があり、とても勉強熱心なこと。

社員旅行や懇親会があること。

資格を取得した際、祝い金として一度の支給である会社が多い中、中林建設は毎月の資格手当として支給されること。
また、遠方に赴任することがある場合、生活に掛かるものをすべて支給して頂けるし、帰省する際の交通費の回数に上限がないこと。

資格を取得するまでの費用(受験費?教材費?講習会費?交通費など)をすべて負担してもらえること。
個人の頑張りをサポート、評価してくれる点が魅力。若手社員にとっては、資格取得で給料が大きく増えるので、がんばる活力になると思います。

一人暮らし応援制度(家賃補助)や入社してすぐに有給休暇が付与されること。

自分で考えた工程通りに現場が稼働して、建物が仕上がっていくとき。

職人さんと打合せを重ね、スムーズに現場が進んでいったとき。

自分が携わっている現場が少しずつ出来上がっていくところが、見ていてやりがいを感じ、楽しいと思うところです。

売り上げは個人のノルマでは無く、部署ごとの目標があるので、目標を達成したときは全員で頑張ったという団結感にやりがいを感じます。

街中での工事を施工すると、騒音などの苦情もあるが、「きれいになった」、「ありがとう」などの声をもらえたとき。

与えられた仕事、任された仕事は責任をもってしっかりとこなしたい。
また、与えられるだけでなく、自分から率先してできることを探して仕事に臨みたい。

安全かつスピーディーに工事を終え、協力業者さんにも損をさせることなく利益を上げることのできる現場監督として活躍したい。

職人さんに「この監督さんと仕事がしたい」と思われるような現場監督になりたい。

当面の目標は施工管理技士として、現場がスムーズかつ品質管理などができるようになりたい。

現場所長になって一つの工事を最初から最後まで自分の手で完成させたい。

中林建設は、人(社員)を大切にしてくれる会社です。

大手企業でしか経験できない事もありますが、中林建設でしか経験できない事もたくさんあります。

頼りになる温かい方ばかりなので、和やかな環境で成長していけるところ。

福利厚生が充実している。資格取得に必要な教材?講習会費用?試験当日の交通費まで支給してもらえ、資格取得後は毎月資格手当の支給がある。
また、赴任先からの帰省費に制限がないことなど。
さらには、大手ゼネコンでは経験できない、幅広い知識と技術の習得が可能と思います。少数精鋭で幅広い業務を行なうことができる。

幅広く仕事をしている為、単なる土木建築工事以外の様々な仕事と携わることができます。(管更生?フォレストベンチ?海上土木工事 等)

建設業界といえば年齢層が高いようなイメージですが、ここ数年若手社員が増えてきているので、今後も成長していく会社です。

大手ではなかなか現場所長になれないこともある。中林建設では様々な規模の工事があり、頑張れば現場の所長になるチャンスが誰にでもあること。

やる気があれば仕事をどんどん任せてもらえる社風と風通しの良さ。

人と地域を育む企業「中林建設」未来の担い手のあなたのエントリーをお待ちしております。

波多野结衣(中文字幕)在线_西西日本顶级大胆艺木_福彩3d字谜图谜总汇